MENU

コンシューマ営業チームの写真

OUR TEAM
チーム紹介

コンシューマ営業
チーム

売上に、圧倒的なインパクトを与えるビジネスをつくる。

私たちは、パートナーさま(お取引先さま)である家電量販店さまにIT商材を卸しています。営業の代名詞である「モノを売る」業務は、その一部です。市場ニーズを分析して、店舗戦略に合わせたIT商材を提案、販促イベントの実施、新規ビジネスの創造など、業務内容は多岐にわたり販売コンサルタントとも言えます。

パーナーまの販売戦略ートナー。

私たちは、マーケティングチームがメーカーさまから仕入れた商材をパートナーさまである家電量販店をはじめとした小売店に提案・販売しています。商材はビジネス関連のソフトウエア、マウスやキーボードなどのハードウエア、モバイルアクセサリー、月額コンテンツサービスなど数千社のメーカーさまとお取引をしています。商材のカテゴリーで担当営業は分かれており、販売する数量や価格などの条件、販促企画、売り場のレイアウトまでを含めて提案します。また、毎週パートナーさまと打ち合わせしながら、店頭に並んでいる商材の売れ行き状況を確認。さらなる売上向上をめざし、新たな施策を考えます。常に数百種類の商材が動いているため、完売した商品の追加注文や納期確認のお問い合わせがひっきりなしにやってきます。これらを、内勤営業(アソシエイト職)のメンバーが対応しています。

コンシューマ営業チームの仕事風景写真

こでも用する販売を鍛える。

メインのミッションは、パートナーさまの売上を伸ばすことです。そのため、パートナーさまの販売戦略に深く入りこむことができます。来店客数を増やすためのイベント企画もその一つ。IoT分野など最新テクノロジーの商材にかけては、市場の中でも先頭を走る当社。ロボットやドローン、SIMフリー端末なども扱っているため、これらの商材をからめた展示会や販促キャンペーンも積極的に仕掛けていきます。パートナーさまの売上貢献につながるのであれば、なにもモノ売りにこだわる必要もありません。新しいウェブサービスを見つけ出し、月額課金サービスとして提案するなど、新ビジネスそのものを創出することもできます。なにが売れるのか、どうすれば売れるのかを徹底的に追求して実践できる現場です。ビジネス書を読むだけでは身につかない、あらゆるフィールドで「考え抜く力」がとことん鍛えられます。

コンシューマ営業チームの仕事風景写真

#1 INTERVIEW番、諦めのわるいチームになる。

私たちが担当しているのは、全国約900店舗という日本一の店舗数を誇るパートナーさまである家電量販店さまです。規模がケタ違いなだけに、動かすお金もケタ違い。毎月数億円というビジネスをこのチームで創りだしています。スケールが大きいためやりがいはありますが、そのぶん難易度も高いです。ですが、どれほどむずかしい要求も、最初から「NO」とは言いません。期待に応えたいという気持ちと、意地があります。案件にしがみつき、なんとか解決する方法をチームで模索します。ときには、仕入先であるメーカーさまや社内のマーケティングチームを巻き込み、全員でパートナーさまの期待を超える答えを見つけ出します。壁が高ければ高いほど燃えてしまう、挑戦することリスクを恐れないメンバーが集まりました。たくさんの人が関わる仕事だからこそ、目標を達成できたときの達成感や、喜びを分かち合える一体感は格別です。日本一の家電量販店さまを任せてもらっているのですから、日本一、あきらめないチームでありたいですね。

コンシューマ営業チームの仕事風景写真

MEMBER

  • SHUNの写真

    SHUN

    2005年入社
    経営学部経営学科卒

  • MASARUの写真

    MASARU

    2009年入社
    商学部商業学科卒

  • SATORUの写真

    SATORU

    2009年入社
    社会学部社会政策科学科卒

  • SHOの写真

    SHO

    2010年入社
    商学部貿易学科卒

  • MISAKIの写真

    MISAKI

    2016年入社
    マネジメント学部卒